プチ整形、ボトックス、ヒアルロン酸の総合サイト

プチナビTOP > ヒアルロン酸失敗談 > 鼻の皮膚組織の壊死

#3 鼻の皮膚組織の壊死

鼻の形を変えたくて●●クリニックでヒアルロン酸注射を受けました。

治療直後から痛みがあり、先生から飲み薬も処方してもらっていましたが、痛みは夜にはなくなったので気にせず過ごしていたら、次の日には鼻先がすごく赤くなっていた。少し熱感もあったが注射した翌日だったので少し様子をみていました。赤みが少し黒っぽく変わってきたので、病院に問い合わせたらすぐに診察にという指示だったので、診察を受けました。そうしてしばらくしてから鼻先の皮膚がただれはじめ皮膚が潰瘍っぽくなってしまいました。

これは過注入による血行障害です。経験の少ない医師、解剖学に乏しい医師による治療で起こりやすいトラブルです。鼻先というのは血行が悪いわけではありませんが、皮膚はそれほど伸びるわけでもなく、無理に、過剰にヒアルロン酸を注射すると血管を狭窄、もしくは閉鎖してしまう可能性があります。初歩的なミスですが、現実にこういった問題もあるのです。



一覧へ戻る

プチ整形キャンペーン プチ整形でできること プチ整形、ヒアルロン酸注射 プチ整形、ボトックス

プチ整形トップボトックスヒアルロン酸注射二重まぶた(埋没法)下まぶたのクマ若返りメソテラピーレーザー治療